ホームへ

・ ホーム

・ ご注文からの流れ

・ お問合せ

・ カートの中を見る

・ 商品一覧

・ 会社案内



ブライズメイド&アッシャー

〜ブライズメイドとアッシャーの役割と進行〜



ブライズメイド&アッシャーの役割と進行



         欧米では一般的なことでですが、最近は日本でもブライズメイドとアッシャー
         をたてられるケースが増えてきました。

         中世のヨーロッパでは結婚するカップルを妬んで悪魔がやって来るといわれ
         悪魔の目を混乱させる目的で同年代の若者に同じような服装で付き添わせ
         たのが由来とされています。

         それではブライズメイドとアッシャーの役割と実際の進行例を見てみましょう。



ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 @

             @ アッシャーがバージンロード(アイルランナー)の準備をします。
                英語では教会中央の通路を「Aisle アイル/通路」といいますが、
                アッシャーがアイルランナーを広げる様子は絵になるシーンです。
                弊社ではウエディングアイルランナーとして販売しています。
                お子様がランナーを広げる動画をアップしています。 Click

ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 A

             A 司式者、新郎、アッシャーが位置につき挙式が始まります。
                アッシャーとは新郎の付き添いとして挙式をサポートする男性で
                そのリーダーにあたるのがベストマンです。新郎の兄弟や友人等
                の未婚男性が務めます。ベストマンは1名、アッシャーは2名から
                5名程度選びますがブライズメイドと人数を合わせます。

ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 B

             B 最初にブライズメイドが一定のスペースを空けて一人ずつ入場
                してきます。ブライズメイドは新婦の付き添いの女性で未婚の女性
                が務めることが多いようです。そのリーダーにあたるのがメイド
                オブオナー、既婚者の場合はマトロンオブオナーと呼ばれます。
                ブライズメイドは新婦の姉妹、友人等から選ばれ結婚式の華的
               存在となっています。


ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 C

             C ブライズメイドの最後にメイドオブオナーが入場します。新婦の
                介添え役でもあり最も信頼できる方を選びます。
                挙式の時にドレスの裾をなおしたり、指輪の交換の時に新婦の
                ブーケやグローブを預かったりすることもありますが明確な決まり
                はありません。そしてその後にフラワーガールやリングベアラーが
               続いて入場します。 弊社の商品ベビーフェザーもどうぞ。 Click

ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 D

             D 新婦をお迎えする準備が整いました。
                衣装のことも気になりますがブライズメイドもアッシャーも基本的
                には同じスタイルに装いを合わせます。ブライズメイドは全員が
                同じデザインのドレスを着ることもあれば、よく似たドレスで
                カラーを合わせたりする場合もあります。ブライズメイドが持つ
               お揃いのブーケは新婦が準備します。アッシャーはタキシードや
               モーニングですが日本の場合はスーツでもいいと思います。
               そしてブライズメイドとお揃いのブートニアをつけます。

ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 E

              E 新婦がお父様にエスコートされて入場です。
                 バージンロードの歩き方はこちらを参考にしてください。 Click
                 前から二列目ぐらいの長椅子のところでお父様は新郎と入替り
                 祭壇前まで進みます。その後は各式場の式次第に従って聖書
                 朗読、説教、指輪の交換、結婚証明書署名、結婚宣言、退場と
                進行していきます。

ブライズメイドとアッシャーの役割と進行 F

             F 新郎、新婦退場の後はブライズメイドとアッシャーはカップルに
                なって一緒に退場します。
                ここでは一般的に欧米で行なわれている進行の一例を紹介させて
                いただきましたが、最初に家族やベストマンの入場を追加されたり
                メイドオブオナーとフラワーガールの入場順を逆にされたりと色々
               とアレンジされているようです。







バージンロードセレモニー

                       バージンロードの由来/意味

         キリスト教の教会で入口から祭壇までの通路に敷かれた白い布のことを
         一般的にはバージンロードといいますが、実はバージンロードは和製英語で
         英語では教会中央の通路は「Aisle アイル/通路」といいます。
         日本では花嫁は無垢であるべきと考えられていたことからバージンロードと
         呼ぶようになりました。
         また、古くは悪魔は教会の床下に潜んでいると信じられていたので白い布を
         敷きその上を歩くことで新婦を悪魔から守ると言われていました。
         写真は 「結婚式の始まりを知らせる新しい演出」
         バージンロードセレモニーでのアイルランナーセット風景。



バージンロードの歩き方

バージンロードの歩き方
ちょっとアドバイス
(画像をClick)



ウエディングツリーの立体版 / 3D

立体版 ウエディングツリー3D




手作りキットいろいろあります 画像を
Click



リングピロー / 手作りキットへ




〈 ブライダル商品 〉

貝合わせの儀 パールフェザー ウエディングアイルランナー
和の人前式 演出 アイテム フラワーシャワーの新アイテム バージンロードセレモニー


                                                               

                                                                


ホーム | 商品一覧 | ウエディングアイルランナー | 水引ブーケ | ミュージックオフィス | 会社案内

(C) AMS CO.,Ltd. All Rights Reserved.