ホームへ

・ ホーム

・ ご注文からの流れ

・ お問合せ

・ カートの中を見る

・ 商品一覧

・ 会社案内



ブーケセレモニーのやり方と意味

〜ブーケセレモニーとは花束に託した伝説のプロポーズ〜



ブーケセレモニーのやり方と意味



        その昔欧米では変わらぬ愛の証として野に咲く花を花束にして贈り愛する
        女性にプロポーズしました。その思いを受け入れる返事として女性は花束
        の中から一輪を男性の胸ポケットに挿しました。これを結婚式に取り入れ
        たのがブーケセレモニー。

        ブーケセレモニーのやり方は

       @ ゲストの皆様にあらかじめ花を一輪ずつお持ちいただく。
         列席者の人数にもよりますが全員にお渡しするより各列のバージン
         ロード側のゲストに代表してお持ちいただく場合が多いようです。
       A 新郎が先に入場します。
         新郎はゲストからお花を受け取りリボンで束ねてて花束を
         作ります。あらかじめ綺麗にリボンを形作っておきワイヤーで
         留めると手際よくできます。
       B 新郎は完成した花束(ブーケ)をプロポーズの言葉を添えて新婦に
         贈ります。
       C 新婦はプロポーズの返事としてYESであれば花束から一輪を抜き取り
         新郎の胸元のポケットに挿します。これがブートニアの始まりです。
         一輪の花もブートニア用として分かるように最初から準備して下さい。

                       BGMはこちらを参考に Click


ブーケセレモニー ゲストからお花を受け取る   ブーケセレモニー YESの返事
ゲストからお花を受け取る    YESの返事 




輝くブーケ 「クリスタルライティングブーケ」

                       ブーケが美しく見える位置

       ブーケが美しく見える位置はブーケの柄が45度の角度でおへそにつくところ。
       新婦様は緊張すると自分の胸のほうに高くブーケを引き寄せてしまいます。
       おへその場所へを気にとめて美しく見せてください。
       写真はスワロフスキーとLEDライトを使ったクリスタルライティングブーケ




結婚式の演出 バージンロードセレモニー
                       バージンロードの由来/意味

         キリスト教の教会で入口から祭壇までの通路に敷かれた白い布のことを
         一般的にはバージンロードといいますが、実はバージンロードは和製英語で
         英語では教会中央の通路は「Aisle アイル/通路」といいます。
         日本では花嫁は無垢であるべきと考えられていたことからバージンロードと
         呼ぶようになりました。
         また、古くは悪魔は教会の床下に潜んでいると信じられていたので白い布を
         敷きその上を歩くことで新婦を悪魔から守ると言われていました。

         写真は 「結婚式の始まりを知らせる新しい演出」
         バージンロードセレモニーでのアイルランナーセット風景。




バージンロードの歩き方

バージンロードの歩き方
ちょっとアドバイス
(画像をClick)



ブライズメイド&アッシャーの役割

ブライズメイド&アッシャー
役割と実際の進行例
(画像をClick)



ウエディングツリーの立体版 / 3D

立体版 ウエディングツリー3D




手作りキットいろいろあります 画像を
Click



リングピロー / 手作りキットへ




〈 ブライダル商品 〉

貝合わせの儀 パールフェザー ウエディングアイルランナー
和の人前式 演出 アイテム フラワーシャワーの新アイテム バージンロードセレモニー


                                                               

                                                                


ホーム | 商品一覧 | ウエディングアイルランナー | 水引ブーケ | ミュージックオフィス | 会社案内

(C) AMS CO.,Ltd. All Rights Reserved.