ホームへ

・ ホーム

・ ご注文からの流れ

・ お問合せ

・ カートの中を見る

・ 商品一覧

・ 会社案内



リングリレーのやり方

〜ゲストからの祝福の想いもリボンでリングリレー〜



リングリレーの方法と意味



         リングリレーとは指輪の交換時にリボンに通したリングを列席いただいてる
         ゲストに祝福の想いを込めてご新郎ご新婦まで運んでいただくセレモニー。

         いろいろなやり方があると思いますが、次のようなやり方があります。

         @ ゲストが入場される前に上の写真のように椅子にリボンを準備しておく。
         A 指輪の交換のシーンになったらバージンロード側のゲストにリボンを
           持ってもらう。
         B リボンを持った一番後ろの席の方から前の席の方へとリングをリレー。
            ご新郎の指輪は新郎側のゲスト、ご新婦の指輪は新婦側のゲストが
           リングリレーします。
         C 最後に受け取った方(お父様、お母様が多い)がリングピローへ。

         ご列席者全員参加のリレーの場合はゲストのご着席後に全員のお手元に届く
         ように席に沿ってリボンを渡します。ゲストの人数が多いと準備とリングを
         運んでいただくのに時間がかかり過ぎたり、ご新郎側とご新婦側のリレーに
         タイムラグができてしまうこともあります。長すぎるリングリレーは間延び
         する感じがするのであまりお勧めできません。



結婚式の演出 バージンロードセレモニー

                       バージンロードの由来/意味

         キリスト教の教会で入口から祭壇までの通路に敷かれた白い布のことを
         一般的にはバージンロードといいますが、実はバージンロードは和製英語で
         英語では教会中央の通路は「Aisle アイル/通路」といいます。
         日本では花嫁は無垢であるべきと考えられていたことからバージンロードと
         呼ぶようになりました。
         また、古くは悪魔は教会の床下に潜んでいると信じられていたので白い布を
         敷きその上を歩くことで新婦を悪魔から守ると言われていました。
         写真は 「結婚式の始まりを知らせる新しい演出」
         バージンロードセレモニーでのアイルランナーセット風景。



バージンロードの歩き方

バージンロードの歩き方
ちょっとアドバイス
(画像をClick)



ブライズメイド&アッシャーの役割

ブライズメイド&アッシャー
役割と実際の進行例
(画像をClick)



ウエディングツリーの立体版 / 3D

立体版 ウエディングツリー3D




手作りキットいろいろあります 画像を
Click



リングピロー / 手作りキットへ




〈 ブライダル商品 〉

貝合わせの儀 パールフェザー ウエディングアイルランナー
和の人前式 演出 アイテム フラワーシャワーの新アイテム バージンロードセレモニー


                                                               

                                                                


ホーム | 商品一覧 | ウエディングアイルランナー | 水引ブーケ | ミュージックオフィス | 会社案内

(C) AMS CO.,Ltd. All Rights Reserved.